施工会社人気ランキング

PASONA_3_TP_V

世の中にはたくさんの施工会社が存在しています。マイホームを建てたことのある人などであれば、様々な会社をご存知なのではないでしょうか。
施工会社はいろいろありますが、その中でも人気のある会社とそうでない会社ではいったいどんな違いがあるのでしょうか。
マイホームを発注予定の方や、施工会社に就職、転職を考えている方にも役立つ人気ランキングを見ていきましょう。

施工会社とは

施工会社とは、建物などの建設を行う会社のことです。
大手から中小まで数多くの会社があり、企画から設計、施工までの全行程を請け負う建設会社(ゼネコン)もあれば、設計・施工や施工のみを行う小規模の工務店、また個人の大工なども含まれてきます。
最大手にはCMなどもやっていて誰でも一度は名前を聞いたことがあるような会社が名を連ねています。
ここでは主にスーパーゼネコンと呼ばれる大手施工会社を中心に取り挙げていきます。

施工会社人気ランキング

1位 竹中工務店

会社名 株式会社竹中工務店
法人設立年月日 1909年5月16日
本社所在地 大阪府大阪市中央区本町4-1-13
従業員数 7,307人
売上高 1兆2,165億円
平均年収 約840万円

人気ランキングの1位は最大手であるスーパーゼネコンの一つ、竹中工務店です。
竹中工務店は国内のスーパーゼネコン5社の中で唯一、上場をしていません。
法人としての設立が1909年ととても長い歴史のある会社ですが、創業はさらに1610年にまで遡りスーパーゼネコンの中でもダントツの老舗になっています。
プロ野球の球団本拠地であるドームを数多く手掛けているのが特徴で、その他にも工場や博物館などの大型施設の施工実績があります。

2位 鹿島建設

会社名 鹿島建設株式会社
法人設立年月日 1930年2月22日
本社所在地 東京都港区元赤坂1-3-1
従業員数 7,611人
売上高 1兆2038億円
平均年収 約870万円

2位は鹿島建設です。
鹿島建設は、施工会社の中でもリーディングカンパニーと呼ばれているスーパーゼネコンです。
代表的な建築として、司法の最高峰である最高裁判所や日韓W杯の会場になった埼玉スタジアム2002、球体でお馴染みのフジテレビ本社社屋、ガラス張りのデザインで知られる国立新美術館などがあります。
国内で多数の実績を誇る鹿島建設ですが、海外でも多くの施工実績があります。

3位 清水建設

会社名 清水建設株式会社
法人設立年月日 1937年8月24日
本社所在地 東京都中央区京橋2-16-1
従業員数 10,728人
売上高 1兆3,408億円
平均年収 約860万円

3位は清水建設です。
清水建設もスーパーゼネコンの一つで、創業は1807年とスーパーゼネコンの中では竹中工務店の次に老舗ということになります。
他の施工会社と比べると医療機関やLNGタンクなどの建設に長けています。
代表的な建築には、横浜スタジアムや池袋のサンシャイン60、関西の空の玄関・伊丹空港こと大阪国際空港などがあります。

4位 大林組

会社名 株式会社大林組
法人設立年月日 1936年5月7日
本社所在地 東京都港区港南2-15-2
従業員数 8,524人
売上高 単独:1兆2,599億円
平均年収 約850万円

4位は大林組。
日本各地に支店や60以上の営業所を構えるスーパーゼネコンです。日本だけでなく海外にも多くの拠点を置いています。
他のスーパーゼネコンと同じように施工の実績も豊富ですが、一線を画するのは技術開発の分野においての功績です。
東京スカイツリーやユニバーサルスタジオ・ジャパンなど話題性のある建築も多いです。

5位 大成建設

会社名 大成建設株式会社
法人設立年月日 1917年12月28日
本社所在地 東京都新宿区西新宿1-25-1
従業員数 8,086人
売上高 1兆251億円
平均年収 約870万円

5位は新宿に本社を構える大成建設です。
こちらも5大スーパーゼネコンの一つですが、他の4社と比べると社員主体で会社を動かしていくというイメージを持たれています。
新宿にある東京都庁の庁舎や横浜ランドマークタワーなどの超高層ビルをはじめ、横浜ベイブリッジや明石海峡大橋などの橋、他にも中部国際空港や九州国立博物館など多種多様な建造物を手掛けています。

まとめ

施工会社の人気ランキングでは、以上のように5位までを5大スーパーゼネコンが占める結果となりました。
やはり伝統と実績に裏付けられた信頼というのには確かなものがあり、この5社は圧倒的な人気を得ているようです。
それぞれがスーパーゼネコンと呼ばれるに相応しい実績を持ったトップ5ですが、今後この5社に割って入ってくる会社は出てくるのでしょうか。
積水ハウスや戸田建設など有力株が他にも多く存在する施工業界。今後の動向が気になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする