施工会社詳細|竹中工務店

TSU88_awaitoykyo_TP_V

施工会社の人気ランキングでトップの座に輝いている竹中工務店。
国内に5つあるスーパーゼネコンの一つで、一番の老舗でもあります。
そんな長い歴史を持つ竹中工務店ですが、発注者からの評価が非常に高い理由というの入ったどんなところにあるのでしょうか。
それでは施工会社・竹中工務店について詳しくご紹介します。

基本情報

会社名 株式会社竹中工務店
法人設立年月日 1909年5月16日
本社所在地 大阪府大阪市中央区本町4-1-13
従業員数 7,307人
売上高 1兆2,165億円
平均年収 約840万円

歴史

その歴史は非常に長く、創業は江戸初期にまで遡ります。1610年に元々織田信長に仕えていた竹中藤兵衛正高によって尾張国(名古屋)に創業されました。神社仏閣の増築から始まり、明治になると神戸に進出。数多くの建築物を手がけ、その名を知られていきました。
その後1909年に合名会社として竹中工務店を設立。「工務店」という言葉を作り、日本で初めて名乗りました。
この”工務”には「設計と施工は切り離せない」という思いがあり、また施工会社らしからぬ”店”という呼称には「お客様あっての仕事である」という考えが由来しているようです。

現在

大手スーパーゼネコン5社の中で唯一上場しておらず、日本の主要非上場企業としてサントリーなどとともにその筆頭に位置付けられています。
自社の手がけた建築物を”作品”と呼ぶことで有名で、設計やデザインの評価はとても高いです。
また5大ドーム(東京ドーム、大阪ドーム、ナゴヤドーム、札幌ドーム、福岡ドーム)を全て手がけているほか、日産スタジアムや桃太郎スタジアムなどのサッカー場も数多く手がけるなど、競技場建設に定評があります。

主な施工の実績

  • 東京タワー
  • 日本武道館
  • 成田国際空港
  • 関西国際空港
  • あべのハルカス
  • 東京ミッドタウン
  • 東京ドーム
  • 日産スタジアム
  • 国立劇場
  • 横浜アリーナ
  • 宝塚大劇場

まとめ

歴史の長い竹中工務店は、江戸時代から培われてきた建築技術を生かして現在でも様々な大規模建築を施工しているようですね。
その建築に対する思い入れは、”作品”という言葉からも伝わってきます。
施工会社に発注を考えている方はぜひ竹中工務店を選んでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする