施工会社とは?

PASONA_19_TP_V

施工会社は、施工管理技士の代表的な就職先として知られています。
「施工」する「会社」なだけあって、やはり施工管理技士の求人は多くなっています。
また、いざマイホームを建てようという時にも施工会社に依頼することが多いかと思われます。
では、施工会社とはいったいどのような会社なのでしょうか。今回は施工会社について詳しく説明していきます。

施工会社とは

施工会社とは、主に建設会社やゼネコン、工務店などのことをいい、建設の全工程の中で施工に関わる業者を指します。
例えば大型の集合住宅を建設する際、その事業には建て主、設計業者、施工業者が存在する必要があり、3者協力のもと造っていくのです。
これにおいて施工会社が施工する際には、建て主や設計業者の意図を汲み取り、設計図を元に施工していきます。

施工会社と設計会社の関係性

建設工事には様々な業者が携わっていますが、中でも建て主が実際にコンタクトをとるのが施工会社と設計会社になります。
施工会社は設計会社と協力して建設を行なっていき、互いに仕事を監督しあっている関係でもあります。
この関係において施工会社は、設計会社が作成した設計図を元に施工します。また、設計図に明記されていない箇所にそのような施工をするかというのは施工会社の実力に委ねられるところであり、設計会社との信頼関係にも関わってきます。
最近では設計も自分たちで行う施工会社も増えており、窓口が一つになることでより迅速な仕事が可能になっています。

施工会社の仕事内容

見積もり作成

設計会社が作成した設計図から、施工に必要な工期や人員、資材などを計算し、見積もりを作成します。

業者、資材の手配

施工の際に必要な資材や、実際に施工を行う業者などに発注をします。

施工管理

施工が当初の工期通りに進むよう、工程や作業の順序などを確認、検討します。作業員の統括や業務の監理、近隣への配慮などあらゆる仕事があります。
施工会社の中で、施工管理技士が担当する業務になります。

メンテナンス

竣工して引き渡した後には、老朽化などに備えて定期的なメンテナンスが必要になります。

まとめ

施工会社は、ひとつの建設事業の中でも施工に関わる業者、会社のことを表すようです。
施工業務は施工管理技士のフィールドでもあるので、施工管理技士での就職や転職を考えている人にとては外せない業種ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする